傷心旅行に出かけてます

日本特有の文化とされる「ぶりっこ」
80年代に流行った自己の在り方のひとつでもありました。

当時16歳だった松本伊代さんも、
今は50歳を過ぎてきて、
実に35年ほど経過したにも関わらず、

日本ではこのぶりっ子文化は
一向に止みません。

16歳の時の背景には、
親の愛情を受けたくても
受けられなかった
高度経済成長の歪みが考えられます。

50歳の時の背景には、
核家族化の影響が考えられます。

というと、なんだか大層に聞こえますが、実態はコミュニケーションの取り方が偏ってるだけです。

ぶりっ子がセンチメンタルジャーニー(傷心旅行)に出掛けてるのは、
すべからく幼少期までの
寂しさからです。

その時の癖を治す事もなく、
傷をさらして生きていても、
心が丸見えで生きていても、
無難に生きていける日本て
ホントに平和な国です。


とは言え、
それでも
波風が無くもないのが人生です。

旅を続けていけるうちは安泰ですが、
空しさを感じ始めたら、
心の置き場所をつくるといいですね。

まだ〇〇だから。
いつか…いつか…と先送る事が
おありなら、
毎月5日をオススメします。

言葉のソムリエオフィシャルサイト

一般社団法人 日本言葉のソムリエ協会ってどんな事をしてるんだろう?ってことを書いてるサイトです。        上のタブから気になったところをクリックしてください。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • 言葉のソムリエ

    2017.04.18 23:57

    @AiriAiriさん。 おはようございます。 コメントありがとうございます。 楽しい旅って相手あっての時間なのかなって思います。 また、 5日にコメント貰えると嬉しいです(笑)
  • Airi

    2017.04.18 12:52

    こんばんは。 この記事を読んでの感想です。 私も「傷心旅行」、行きました。熱海に一人で旅行したときに空しさを感じました。心の置場所、不安定になるよりいいですよね。毎月5日はついついクスッとしました(笑)